ニュース&トピックス

2020年度12年生卒業演劇『エルシオンー君に夢はあるかー』【上演のご報告と動画のご案内】 卒業演劇 | 

■□■ 12年生 卒業演劇『エルシオンー君に夢はあるかー』■□■【上演のご報告と動画のご案内】

コロナ禍の中、工夫を重ね、総力で挑んできた今年度の12年生卒業演劇『エル・シオン』は、11/3-4の2日間無事に開催することができました。
明るい月に照らされた、屋外での夜公演―寒い中、たくさんの温かな眼差しを受け、生徒たちは精一杯、熱く演じ切ることができました。先の見えない中での製作過程において、メイキング映像やクラウドファンディングなど、これまでにない取り組みにも踏み出した今年の12年生たちを、温かく見守りご支援いただけたことを、心から感謝しています。

今月初旬に、本番の動画がアップされました。2021年3月末までの予定で公開しています。
遠方や、客席制限のために本番を観られなかった方、通常映像では公開していない本校の卒業演劇について関心をお持ちの方、ぜひどうぞご覧ください。

第一部: https://vimeo.com/479447081/a86baa5fad
第二部: https://vimeo.com/490620921/8608b2fb20
第三部: https://vimeo.com/489190638/045e5845be

それでは、どうぞよいクリスマスと年末年始をお迎えください。

京田辺シュタイナー学校 2020年度12年生卒業演劇担当
安藤しおり


■□■ 12年生 卒業演劇『エルシオンー君に夢はあるかー』のお知らせ■□■【終了しました】

11月2日(月)は、雨天中止となりました。

 

 2020年度卒業演劇『エルシオンー君に夢はあるかー』(原作 香月日輪)を、11月2日(月)、11月3日(火・祝)・11月4日(水)の3日間、上演致します。

※新型コロナウイルス感染拡大防止策のため、席数を限らせていただく都合上、本公演の一般公開はしないことにいたしました。

あらすじ

昼は薬屋、夜は盗賊を生業とする青年バルキスは自由気ままに暮らしていた。死にゆく母親が残した「オルムランデは魔王を封じ込めた地…」という言葉に導かれるように向かった廃教会。そこで彼が出会ったのは、子どもの姿をした魔王、フップだった。図らずも封印を解き、魔王の支配者となってしまったバルキスは、「支配者の夢を叶えるのが仕事だ」と言うフップを「夢なんてない」と突き放す。

しかしその頃、世界征服をもくろむ残虐な王ドオブレが、魔王を手に入れようとオルムランデにその手を伸ばしてきていた。故郷を守るという「夢」のために今、バルキスは立ち上がる……!

 

12年生演劇ブログ

12年生演劇ブログも始まりました。本番までの日々の様子を綴っていますので、どうぞご覧ください。

卒業演劇ブログ:http://ktsg12gd.blogspot.com/

クラウドファンディング

「こんな状況だからこそ出来ることがあるのでは」と発想を転換し企画した「メイキング動画の制作・配信」。クラス全員が演者であり舞台制作者であるため、撮影はプロの方にお願いすることにしました。この企画の実現に向けて、7/23-8/23の期間でクラウドファンディングを開催いたしました。こちらより、どうぞ詳細をご覧ください。
https://camp-fire.jp/projects/view/299319

ニュース&トピックス一覧へ
メールマガジンで入学・編入に関する情報を受け取る
入学・編入学をご検討中の保護者の皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

関連コンテンツ

このページのトップへ