ニュース&トピックス
ご報告
更新日:2018/07/23
【【2018年7月14日〜16日】】

2018年度夏期講座「大人が体験できるシュタイナー学校」 お礼とご報告

2018年7月14日(土)から16日(月・祝)までの3日間の日程で行われました夏期講座「大人が体験できるシュタイナー学校」、暑い中でしたが、お陰さまで無事に終了いたしました。

今回は2日間コースの<1年生「ことば」>、3日間コースの<5年生「植物学」>と<水彩コース「紅葉」と「桜」>、計3コースを開講し、67名の受講生の皆さまと共に学びを深めることができました。

ご参加くださった皆さま、お心を寄せて下さったすべての皆さま、本当にありがとうございました。

 

各コース受講生の声 アンケートより

 Aコース:1年生「ことば」

 

  • 詩で始まるあの空間の尊さを感じ、とても心が落ち着きました。ことばを学ぶのに物語で想像させ、絵で情景を具体的に考えた後、感情と文字ができていることに驚き、感動しました。
  • 「もっと学びを深めたい!続きが知りたい!」そんな気持ちでいっぱいです。いくつかのお話に触れられたのですが、本当によく考えられた安定感があり、いろいろな体を使う場面があり、友だち(他人)と関わる場面を本当によく考えられていて、感心、感動させられっぱなしでした。

 

 Bコース:5年生「植物学」 

  • 「植物学」としての知識や理解を目指しているのではなく、自分のこととして体験できるようになっていて感動しました。人間の発達になぞらえての話や幾何学的な法則性など、とても印象に残りました。
  • 先生の熱が心に浸み込みました。日常の風景が違ってみえ、道端の草花や木々との出会いが始まったような感覚です。世界がより広がり、より豊かになっていく喜びに満たされた3日間でした。

 

 

Cコース:水彩「紅葉」と「桜」

  • ぬらし絵は自分で思っていた通りには仕上がらず、またそれがよかったりして、我が取れていく感じでした。自分を知るきっかけにもなり、自己認識が深まったことにも感謝いたします。
  • 日本と西洋の文化、哲学の違いが自然環境の違いにあることは感じていましたが、それが四季、それにまつわる祭りや、宗教性の具体的なお話を聞けてより納得できるようになりました。資料も貴重なものとして、ありがたいです。また、知識や思想の情報だけでなく、先生が自分の足で歩き体感されたこと、そして考えられたことを聞くこと、他の人たちのお話や表現の違いを見るのがこのコースの醍醐味だなぁと毎回思います。
ニュース&トピックス一覧へ
メールマガジンで入学・編入に関する情報を受け取る
入学・編入学をご検討中の保護者の皆様からのお問い合わせをお待ちしております。
お問い合わせはこちら
このページのトップへ