ニュース&トピックス
卒業演劇
更新日:2016/06/01

2016年度12年生卒業演劇『ミヤマ物語』【終了しました】

■□■ 12年生 卒業演劇『ミヤマ物語』のお知らせ■□■

2016ポスター

2016年度の卒業演劇『ミヤマ物語』(あさのあつこ 原作)を、
7月1日(金)、2日(土)、3日(日)の3日間、山城総合文化センター(アスピアやましろ)にて上演します。

この度、公演の詳細やあらすじ、日々の出来事を綴るブログを開設しました。火曜日と金曜日に更新しています。
どうぞ、ご覧ください。http://ktsg12gd.blogspot.jp

 

 公演詳細

【日時】    第1回公演:7月1日(金)17:30開場(18:00開演) 

        第2回公演:7月2日(土)13:30開場(14:00開演)

        第3回公演 :7月3日(日)14:30開場(15:00開演)  

【入場料】   無料 (申込み不要)

【対象年齢】  小学生以上

【場所】    山城総合文化センター(アスピアやましろ)

【アクセス】  JR奈良線「棚倉」駅より徒歩5分

           アスピアやましろの地図はこちら 

※ 満席の場合はご入場できません。
  消防法により立ち見での観劇は出来ません。
  あらかじめご了承ください。
 
※ 会場の駐車場は数に限りがございます。
 
※ 会場へのお問い合わせはご遠慮ください。
 
  

〜あさのあつこ原作『ミヤマ物語』あらすじ〜

「決められた以外の仕事をしてはならぬ、履物を使うてはならぬ、柔らかな着物をまとってはならぬ、それがクサジということだ」
深い深い山の中、ウンヌという異世界があった。そこは「マノモノ」から皆を守る支配者ミド様が治める世界だった。ロウロウ、ニクル、クサジ3つの身分があり、そこで生きる者たちは、絶対的な掟を守らなければならなかった。
最も身分の低いクサジは、まるで虫けらのように扱われていた。あまりにも理不尽な定めに疑問を持つクサジの少年ハギ。ハギの母、水汲み女のトモはささいな粗相をしたことから捕えられ、処刑されることになる。ハギは母を救うため、クサジの村を飛び出していく。
一旦は母を救い出したハギだったが、その後、現代の雲濡村に迷い込む。そこでハギは、人間関係において苦しい思いをしていた少年、透流に出会う。深い森の中でつながるウンヌと雲濡、2つの世界。ウンヌの真実を知るハギ。ついに2つの力が動き出す・・・。

 

ニュース&トピックス一覧へ
メールマガジンで入学・編入に関する情報を受け取る
入学・編入学をご検討中の保護者の皆様からのお問い合わせをお待ちしております。
お問い合わせはこちら
このページのトップへ